全12話のその11「40代未経験からの転職成功ストーリー」

転職素人
この記事は約2分で読めます。

この頃、私は、人事部門からコンサルタント復帰後の初成約を成し遂げて、ほっとしていました。

実は、ほっとしてました。

しかし、私はこの時点で、人材業界では稀有な勤続10年のベテラン社員になっていました。

この当時は、リーマンショックを乗り越えて、自社コンサルタントの大量採用をしていたこともあり、勤務していた会社の平均勤続年数は3年くらいでした。
よって、私は一般企業ではミドルと呼ばれる中間層ではなく、ベテランなのです。

そして、必死で3回の危機を乗り越えた結果、その実績が評価され、給与の基本グレードが部長一歩手前まで上昇していました。

全社トップレベルの予算を与えられた私

それが、年間の成約予算とリンクしますので、この当時、全社トップレベルであったと記憶しています。

私が予算を達成すると、その当時の前年の年間MVPのコンサルタントの実績を、軽く超えてしまうのです。

百獣の王。予算だけは、トップレベル!!

ここから3年間は、予算未達が続き、苦難の時代は続くのです。


一体どうしたらいいのでしょうか。

いろいろな新しいアイディアを繰り出し、試行錯誤するのですが、全社の平均の成約実績をあげるも、予算はまったくクリアできません。

またもや、大きな壁が目の前に立ちはだかり、アラフィフおじさんは、そろそろ来るであろう「肩たたき」の恐怖におののいていました。

「肩たたき」の恐怖におののいていました。

初めて、大学で学んだことが役に立った事です。

御社の経営課題は、この人材で解決する


その苦難なかで、いいことがひとつありました。それは、初めて、大学で学んだことが役に立った事です。

外部人材によって、企業の経営課題を解決するためのプレゼンをするには、クライアントの経営状況を把握しなければならないのです。

そこで、必要なのが、バランスシートや貸借対照表の分析、そこからキャッシュフローや資産状況が、どのようになっているかを把握しなければならないのです。

さらに、クライアント企業の業界の中でのポジショニングや、製品シェア、強みなどの分析も重要です。

ほとんど、金融機関の融資営業と同じです。

さて、アラフィフおじさんは、この最大の危機を乗り越えることができるのでしょうか。

気合だけはあるが、3年間 予算未達

シーズン1から読みたい方は、下記からどうぞ。

転職素人

アラフィフおじさんの函館のダイが、まったくの未経験で転職した人材紹介会社20年の苦難の歴史を、おもしろおかしく語っています。気楽なスタンスでお読みください。
アラフィフおじさんの転職に、きっと役に立つと思います。

  

コメント

タイトルとURLをコピーしました