人材紹介業は、戦国時代からあった歴史ある日本古来の職業です。

転職素人
この記事は約5分で読めます。

番外編その3「40代未経験からの転職成功ストーリー」

私が、20年前に人材ビジネス業界に入った頃は、キャリアアップで転職するが方が少なく、一部の専門性のある技術職(電気電子系エンジニア、医師、MR,メーカーの研究者など)が中心でしたので、かなり特殊な業界でした。

日本ではリクルートが人材紹介の最大手で、他は社員人数30名以下の中小がほとんどでしたので、人材ビジネスと言っても、理解してくれる方がいませんでした。

その頃は、転職は専門誌やネット、ハローワークが主流で、リクルートメントコンサルタントがどのようなことをするのか認知されていませんでした。

わたしも、入社してから業務内容を理解しました。(え~、それはないでしょう?=>くわしくは、下記の転職素人の記事をご覧ください。)

全12話のその1「40代未経験からの転職成功ストーリー」
ド日系大手企業の営業経験なしのアラフォーおじさんは、まったく未経験業界の人材系会社のコンサルタントで本当に成功できるのでしょうか。1社目は、ド日系大手企業の管理職1社目は、ド日系大手企業で、社員が数万人くらいいましたので、...

入社してから、人材ビジネスやリクルートメントコンサルタントが、どこから来た職業か調べたことがあります。

画像を拡大表示

米国や欧州由来の最先端の職業に違いないと予想していましたが、実は、泥臭い日本古来の職業だったのです。

もちろん、海外でも同様に人材ビジネスは、ヨーロッパの国同士の戦争で発展していったのですが、同じ時期に日本でも、リクルートメントコンサルタントが「手配師」と呼ばれて、存在していたのです。

約550年前に、日本において、人材紹介のコンサルタントが発生したのです。

室町時代末期の応仁の乱が1467年ですから、約550年前に、人材紹介のコンサルタントが発生したのです。
そのころは、もちろん、コンサルタントではなく、「手配師」と呼ばれていたのです。
この「手配師」というあやしい呼び名が、日本的です。

結論からいいますと、戦国時代の築城や大規模工事、江戸時代の経済発展による地方からの出稼ぎの増加、参勤交代導入による一時的な奉公人の確保などが、「手配師」増加の追い風になったようです。

さらに、今の派遣業にちかい「口入れ屋」も登場しています。

下記がその職業の説明ですが、かなり類似しています。
江戸時代は宿も提供していますので、抱え込みで、労働者を独占していますので、おそらく劣悪な条件で勤務していたと予想されます。

  「江戸時代には、都市部に出稼ぎや職を求める者の身元引受人となり、下宿を提供して、仕事を斡旋するといった口入れ屋(今でいう派遣業に近い)と職を求める者の関係も存在していました。」

画像を拡大表示

ウィキペディアからの抜粋ですが、簡単な概要は下記になります。

   室町時代末期から戦国時代において、築城や河川改善などの大規模工事は、多くの労働者が必要なため、金銭で労働力を請け負う「手配師」という業態が形成されたのです。
さらに、江戸時代には、都市部に出稼ぎや職を求める者の身元引受人となり、下宿を提供して、仕事を斡旋するといった口入れ屋(今でいう派遣業に近い)と職を求める者の関係も存在していました。
また、徒弟制度における「親方子方」といった雇用関係や様々な職業などの互助組織の中でも主従関係が結ばれ「親分子分」といった間では、仕事の手配は習慣的であり、この中からも手配師(人材紹介コンサルタント)が出現したのです。
江戸時代に手配師が出来た要因は、多くの武家屋敷が城下町に出来たことや、天下普請としての社会基盤の整備が始まり、公共事業が生活困窮者の救済措置となっていたことです。
参勤交代の大名行列の人員を全てが奉公人では賄えず、一時的な奉公人が必要になり、口入屋には町人や庶民が集まりました。

ウィキペディア

明治中期には、公益職業紹介業が生まれ、大正初期には今のハローワークの前身の公益職業紹介所ができたのです。

さらに、1921年に職業紹介法、1925年には営利職業紹介事業取締規則が制定されたのです。

しかし、一方ではブラックな側面もあり、借金の返済手段としての遠洋漁業の従事など人買い(人身売買)する手配師が存在していました。

また、歴史的な背景として日本による統治地域(海外)からの人の流入が継続的にあったため、仕事の斡旋を専業とする者がおり、現代でもアジア人の労働者が、技能実習生の名目で劣悪な環境での就労が発生しているのも事実です。

「人をだます制度、恥ずかしい」と送り出し業者 技能実習の闇③:朝日新聞GLOBE+
外国人技能実習制度は、いったい誰のためにあるのか。日本の技術を途上国に伝える「国際貢献」という建前と、労働者不足を補うという実態のギャップは、さまざまな不正や悲劇を生んできた。実習生側だけでなく、制度の恩恵を受けているはずの経営者や海...

近年、社会人経験の浅いコンサルタントが、中小企業や設立間もない企業へ、やみくもに人材を紹介し、高い年収を得る事例が散見されるのは、悲しいことです。


しかし反面、優良な人材ビジネスをされている企業が多くなっており、企業の経営課題解決のために、いろいろな提案をし、取引先企業の発展に貢献している優秀なコンサルタントが続々と生まれています。

個人的に、戦国時代に生まれた人材ビジネスの将来に期待しています。

できれば、人材ビジネス業界から、真に日本経済や企業を発展させ、歴史に名前が残るスーパースターが出てくるのを期待しています。

企業への革新的な提案で、大躍進させたコンサルタントを見たいものです。

画像を拡大表示
リクルートメントコンサルタントは、企業へ革新的な企画と人材をセットにして提案できなければならないのです。

   まったくの私見ですが
企業が、現時点で、なかなか採用できない専門性がある優秀な人材を口説いて、入社まで導くのもありですが、ある程度経験を積めば誰でもできそうなミッションです。
やはり、人材ビジネス業界のコンサルタントは感謝されますが、職業の性格上、やはり脇役で、主役になれないのです。
前職のコンサルタント時代、企業の新規プロジェクトに必要な人材を紹介し、そのプロジェクトが成功するまで、責任者としてその企業に出向することができたら最高と思っていました。
企業の経営課題を解決する人材を紹介するだけでは、なぜか中途半端な気がしていたのは私だけでしょうか。
企業する人材紹介コンサルタントが多い理由と予想します。

画像を拡大表示
新規プロジェクトへGO!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました