全12話のその4「40代未経験からの転職成功ストーリー」

転職素人
この記事は約3分で読めます。

ド日系大手企業の営業経験なしのアラフォーおじさんは、まったく未経験業界の人材系会社のコンサルタントで本当に成功できるのでしょうか。

希望退職で、割増し退職金が出るため、若い方からやめていき、月末は、恒例の退職挨拶が実施されるようになりました。
退職者が累積数百名になった頃から、オフィスは夜間工事で真ん中に壁が出来、半分になりました。

「次は俺か・・・・。」

自分がプロの転職コンサルタントなので、アラフォーおじさんには、転職先がないことがわかります。

画像1

ここは、全力でいくしかないと覚悟

ここは、全力でいくしかないと覚悟し、毎日、時間許す限りの登録者面談をこなし、数少ない求人を紹介していきました。
面接に入る確率を上げるために、極力、メールでの紹介は避け、遠距離は電話で登録者の経歴をアピールし、近距離は直接訪問し、経歴の説明をして、その場で面接の約束を取りつけるようにしました。
休日も日曜日のみとして、営業担当と同伴し、現在の登録者の経歴にマッチできる求人内容の獲得に協力しました。

画像2

1年後、明かりが見えた

1年後、リーマンショックの影響も薄れ始め、求人の数が徐々にですが増加し、会社の業績も、なんとか黒字を確保できるまでになり、明かりが見えてきたのです。

人間、逃げ場がない環境と守るべき家族がいると、不思議と実力以上の力がでることが、実感できた時期でした。
人材業界の平均勤続期間は、大手でも5年程度です。その中で私が、20年近く勤務できたのは、この時期のハードワークがあったからと思います。(今なら、おそらく過労死寸前の労働時間だったような。しかし気力が充実しているので、すごく健康でした。)

いかがだったでしょうか。
「今ではベテランの人材コンサルタントも、昔は転職素人だったのです。
ド日系大手企業の営業経験なしのアラフォーおじさんは、まったく未経験業界の人材系会社のコンサルタントで本当に成功できるのでしょうか。」の全4話 。

画像3

上記写真は、私ではありません。普通のおじさんのイメージ画像です。

私は、特別な能力や経験もなく、さらに若さもない中で、現在のファイヤー的な環境を手に入れたのは、変化を求め、常に新しいアイディアを考えて、それを全力で実行に移したからです。

他の記事で、その行動パターンを説明していますので、下記からご覧ください。

<個人も付加価値のある人生を目指すべきです。>
付加価値の高い物やサービスをもっている企業に勤務または、個人でその能力をもっている方は、世の中にたくさんいます。
その方たちは、付加価値の高い能力または、組織に属しているため、年収が高いのです。
この苦境をチャンスと捉え、変化しましょう。
自分の過去と他人を変えることはできませんが、自分の未来を変えることはできます。

画像4

全文は下記からどうぞ

日本人の給与をあげるためにはどうしたらいいのか。第三弾です。
前回は、中途半端で終わりましたので、なんとか今回は確かな方向性を出したく思います。国際統計格付センターによりますと、OECD加盟国など世界35の国と地域を対象とした労働生産性(労働1時間あたりのGDP)のランキングで、日本は、40...


この記事の1話目から3話目は下記からどうぞ。

全12話のその1「40代未経験からの転職成功ストーリー」
ド日系大手企業の営業経験なしのアラフォーおじさんは、まったく未経験業界の人材系会社のコンサルタントで本当に成功できるのでしょうか。全4話のその1話目です。1社目は、ド日系大手企業の管理職1社目は、ド日系大手企業で、社員が数万人くらいいました

コメント

タイトルとURLをコピーしました