函館のダイ投資(第一回)企業型DC・iDeCo・NISA・積立NISA教えます

投資ノウハウ
この記事は約5分で読めます。

10年前に、米国株式に投資していれば、今頃・・・。

ネットで株の売買はいつから

20年前に、なんとネットで投資!パソコンが当時、15万くらいで高かった。すさまじく遅いネット環境。

私が、ネットのみで株式投資を始めたのが、20年前ですから、かなり先駆者と思います。

恥ずかしい話ですが、証券会社の名前を忘れました。

JPX(日本取引所グループ)によりますと、「個人投資家が本格的にインターネットで株式を買えるようになったのは、1998年5月の松井証券のサービスが最初だそうです。

機関投資家に限ってインターネット経由での注文受付を行っていた証券会社がありましたが、利用者は少数にとどまっていたようです。

株の歴史に興味ある方は、JPX(日本取引グループ)のHPをご覧ください。

下記をクリック。

株式市場の歴史Q&A

私が、株式投資を始めた理由から最初の大敗まで

ちょうど、前々職の会社が経営不振で、会社更生法が出たため、退職し、転職活動するも、まったく

決まらないため、個人トレーダーで生きていけないかと思い、なけなしの貯金で始めました。

このころは、日本株、異常に手数料高い投信(今でも高くてパフォーマンス悪いのですが)のみしか扱ってなく、YAHOOファイナンスのネット情報を参考に、トレーディングしていました。

最初のころは、ビギナーズラックで、月間20万くらい(20年前の20万ですから、かなり価値ありますよ)稼ぐことが出来、「俺は、才能あり」と自負していました。(後から考えると、なんと恥かしい)

しかし、所詮、個人の素人です。魑魅魍魎(ちみもうりょう)の住むプロの投資家がうごめく株式市場では、勝ち目なく、あっというまに預貯金は、ほぼ、なくなってしまいました。

*魑魅魍魎ー>辞書によりますと「山の怪物や川の怪物。様々な化け物、妖怪変化。魑魅は山の怪、魍魎は川の怪であり、一般には山河すべての怪」

引用元ーウィキベディア
楽しい魑魅魍魎かな。

今、思えばあたりまえですよね。20年前に戻って、絶対に殴っても止めていたでしょう。

清く(資金も才能もないので)、トレーダーは断念し、前職の会社へ入社し、地道に営業活動に没頭。

よせばいいのに、株式投資再始動

いくぜ、投資で、悠々自適生活だ。

3年後に、自分の勤務している会社が、企業型DC(確定拠出型年金)を始めるとの事で、

興味を、持ち始めて、猛勉強しました。

興味ある方は、一般財団法人の投信信託協会のHPをご覧ください。下記をクリック。

企業型DC(企業型確定拠出年金)ってなあに?-制度の概要-
老後に役立つideco(イデコ)や企業型DC等の確定拠出年金について詳しく解説

結論からいいますと、下記の3点がポイントです。

  • 企業が掛金を毎月従業員の年金口座に積み立て(拠出)してくれる
  • 従業員自らが年金資産の運用を行う
  • 運用成績によって将来受け取れる退職金・年金が変動する

なんということでしょう。(例のBGM流してください)

なんということでしょう

会社がお金を出して頂き、かつ運用益に税金がかからないのです。

会社で企業型DCしていない方や、自営業の方は下記のiDeCo(個人型確定拠出年金)で

同様の特典を得ることができます。

同様に興味ある方は、一般財団法人の投信信託協会のHPをご覧ください。

iDeCo(個人型確定拠出年金)ってなあに?-制度の概要-
老後に役立つideco(イデコ)や企業型DC等の確定拠出年金について詳しく解説

さて、運用は自分でしなければなりません。ネットから扱い金融商品を見ますと、ざっくりですが、

下記の5種類。(数値は、代表的なファンドから算出しています。)

  • 銀行の定期で、過去10年の運用利益率は、年0.01%―>100万預けて10年で1,000円の利息です。ええええ・・・知っていましたが、びっくり。定期預金はしてはいけません。(これ福利で計算していますが、あまりに利息が低くて、単利になっています)
  • 国内債券型で、過去10年の運用利益率は、年0.07%―>100万預けて10年で7022円の利息です。これも、きびしいですね。1回飲みに行ったら、5年分の利息がゼロでなく、マイナスになってしまう(・・?)。国内債券型もだめですね。
  • 海外債券型で、過去10年の運用利益率は、年3.27%―>100万預けて10年で379,564円の利息です。まあまあでしょうが、安全性からいい選択と思いますが、今は。デフレで物価が安定していますが、毎年の物価上昇率が2%を超えると厳しい。実際の食品の価格は上昇し、給与は、ここ20年上がっていません。
  • 国内株式型(インデックス型)で、過去10年の運用利益率は、年8.5%―>100万預けて10年で1,260,938円の利息です。倍になっています。このくらいは、ほしいですね。

しかし、日本株が上昇したのは、ここ数年の事です。その間に先進国や米国株は、大幅に上昇しています。

  • 海外株式型(インデックス型)で、過去10年の運用利益率は、年17.2%―>100万預けて10年で3,889,631円の利息です。4.8倍になっています。

私は、すぐに⑤の海外株式型1本で、投資をしました。ー>チャレンジャーでした。

ここの説明をさらに、くわしく知りたい方は、私が良く見ているYouTubeの

URLを下記に貼り付けますので、ご覧ください。

超初心者向けパターンです。番組内のETFは、次の投稿で説明します。

次回は、NISA・ 積立NISAの説明もしますが、早く知りたい方は、下記を

ご視聴ください。

では、今回はここまで。

毎日1記事投稿していますので、明日はお休みして英気を養います。

  • グーグルアドセンスの合格メールを頂きましたので、元気いっぱいです。

申請から1週間程度でしょうか。

うれしいので、いつもの散歩コース行ってきます。

SBI証券[旧イー・トレード証券]

コメント

タイトルとURLをコピーしました