転職ノウハウその1-転職業界、企業の選択方法を教えます

転職の本音とルール
この記事は約4分で読めます。

転職の目的

転職の目的は、内定を勝ち取って、入社することではありません。

ほとんどの場合、転職自体がゴールになっており、入社してから活躍している自分が

想像できていない方が多く見受けられます

転職活動を開始した理由を思い出すことが必要です。

転職の理由は、ほとんどが、現在の会社に対する不満から発生しています。

漠然とした内容ではなく、何故、不満を持ったのかというところまで、落とし込むことが大切です。

転職が成功した後に、将来的にどうなっていたいかということが、本当の目的なのです。

  • 転職先の選択方法

不満を持った原因を転職で解決するために、冷静な分析が必要です。

そのうえで、転職すべき業界、企業を決めましょう。

例えば、原因が「給与が安い」。しかし、今の会社で実績が出していなければ、当然、低いでしょう。

実績が出ているのに、低い場合は、同業他社で、同職種、同経験年数の社員給与を調査しましょう。

それが、変わらないのであれば、現在、在籍している業界自体の給与体系が低いのが根本原因と

推測されますので、給与水準の高い別業界を目指しましょう。

また、残業が多いことが理由であれば、同じように、同業他社で、同職種、同経験年数の社員の事例

を調査しましょう。

転職は特効薬ではありません。転職の本来の目的である「入社して活躍できる正確な環境」を明確にすることが大切です。

転職活動開始

転職すべき業界、会社を選択するには、3つの方法があります。

①WEB上の転職サイト

WEBサイトを通じたサービスで、さまざまな業界・職種の求人が掲載されています。

検索、閲覧が可能で、数多くの求人情報を比較、検討し、サイトを通じて応募することができます。

転職エージェントも転職サイトも、あらゆる会社のサービスがあり、中には特定の業界や職種に特化している場合もあります。

リクルートエージェント, ビズリーチ、doda、type、マイナビなどが有名で、年齢や経験にあわせて、登録しましょう。

サイトに経歴を登録することができますので、希望の会社が見つかった場合は、その都度、履歴書や

職歴書を作成する必要はありません。

サイトによって強い業界がありますので、2サイト登録しましょう。


②人材紹介会社に登録して、プロのコンサルタントにアドバイスを頂きながら活動する

基本的に、エージェント会社へ出向き、キャリアアドバイザーと個別に面談を行い、経歴や希望をもとに、求人が紹介されます。応募書類作成(履歴書や職歴書)や面接の際にもアドバイスを受けることができます。

リクルートエージェント,ジェイエイシーリクルートメント、doda、type、マイナビなどが有名です。

③ハローワークを利用しての転職活動

企業が無料で、登録できることから、内定へのハードルは比較的、低いのが特徴です。

最近、求人のネットからの検索機能もあり、外部エージェントとの利用で、ご自身の経歴の棚卸しや応募書類の作成サポートもできるようになっています。

また、離職中の場合、転職のためのスキルアップ研修が、1ケ月から最長2年近くのメニューが用意されていますので、一度、確認されたほうがいいでしょう。

下記が、厚生省のHPですので、興味ある方は、クリックしてください。

ハロートレーニング(離職者訓練・求職者支援訓練)

(雇用保険に加入していれば、基本無料で利用できますので、キャリアチェンジには有効です)

転職活動環境設定1

  • <応募書類作成しましょう。>

履歴書、職歴書ともに手書きではなく、ワードなどで作成しましょう。

ネットでフォーマットや記入例が掲載されていますので、利用して作成し、パソコンに保管しましょう。

  • <面接の基本的準備をしましょう。>

転職理由、自己アピール(一例―自分の強みなどを過去の経験を引用して作成)は必須ですので、これも、ネット上にノウハウが掲載されていますので、利用して準備し、実際に声に出して練習しましょう。

志望理由は、業界や会社別に作成が必要です。

では、次回2回目は、具体的に面接準備を掘り下げ、実務レベルまで説明します。

お楽しみにしてください。

若手向けで、サポートが優れています

コメント

タイトルとURLをコピーしました